JAN・ITF付番ガイドライン

基本ルール

(1) JANコードは小売店POSレジを通る基本最小販売単位に付番する。
(2) ITFコードは集合包装単位に付番する。

具体例

野球ボール
ソフトボール
ホイッスル
スポーツコード
テーピング

*最小販売単位を1個とする*
JANをボール包装に符番する。
JANが付番出来ない場合は、内装箱に商品タグを挿入する。
ITFは内箱(6・12個入り)に符番する。
ITFは外箱(60・120個入り)に符番する。
テニスボール *最小販売単位を1缶(2・4個入り)・1袋(2球入り)とする*
JANを缶・袋に符番する。
ITFは内箱(6袋)に付番する。
ITFは外箱(30缶・60袋)に付番する。
シャトルコック
*最小販売単位を1筒とする*
JANを筒(3・6・12個入り)に符番する。
ITFは内箱(5・10ダース等)に符番する。
ITFは外箱(50ダース等)に符番する。
ピン球 *最小販売単位を1包装(3・12球入り)とする*
JANを包装(3・12球入り)に符番する。
ITFは内箱(1・5・10ダース等)に符番する。
ITFは外箱(120ダース等)に符番する。
サポーター
卓球ラバー
保護シート
*最小販売単位を1個とする*
JANを1個に符番する。
ITFは内箱(6・12個入り)に符番する
カラーボール *最小販売単位を1個とする*
JANを1個に符番する。
ITFは内箱(12個入り)に符番する。
※ カラーが違う場合もJANコードは一緒
出荷単位が色込み1ダース

JAN・ITFの付番ルール

JAN・ITFの付番ルール
  ITF(14桁) JAN(13桁)
外箱(9ケ入×4) 149 12345 11111 C  
内箱(9ケ入) 249 12345 11111 C  
単品   49 12345 11111 C

ITFコードの作り方

段ボール箱(集合包装)の中に入る商品のJANコードが、ITFコードの基になる。まず、中に入る商品のJANコードのチェックデジット1桁を外し、12桁にする。次に国コード49(または45)の前にパッケージインジケータ1桁(通常は1~8)を付けて13桁する。
最後に、この13桁についてチェックデジット1桁を計算し14桁とする。パッケージインジケータ1桁は、各企業にて決定して下さい。

ITF印刷のサイズ

ITF-14のサイズについては横15.38cm・縦4.84cmと決められている。
(寸法については本書作成上、誤差があります)

ITF印刷のサイズ

JIS規格では、上記サイズの倍率1.20~0.25の範囲、また国際的な標準仕様は、倍率1.20~0.625の範囲と決められている。

ITF印刷の位置

ITFシンボルは物流活動の自動化、システム化のため、印刷位置が決められている。

ITFコードの利用としては、物流活動での仕分け、保管作業、倉庫での入出荷作業、棚卸作業における商品の確認(識別)といった様々なアプリケーションがある。それらにおけるITFシンボルの読取りを考えると、商品の移動方法や、倉庫での保管方法などに関わらず、段ボールへの一定位置の表示が必要となる。

表示する位置は4側面が望まれるが、少なくとも長手方向の2側面が必要である。
また、これとは別に小さな寸法(0.35倍など)でITFの印刷が必要な場合は、原則として短手方向の2側面の右上とする。右上への表示は特に決められた位置、寸法は規定されていないので、任意の右上の位置となる。

4ITF印刷の位置<

ITF印刷の色

印刷の色はスキャナの読取り上、黒色が望まれるが、紺、濃青、濃茶、あずき色、濃緑を使用することも可能である。
ただし、スキャナは赤色の光を使っているので、ピンク、橙、紫、黄などの赤系統の色は読取りが出来ない。
また、薄い青、薄い緑、薄い茶もコントラスト不足のため読取りができなくなるので避けること。

望ましい色
可能な色 紺、濃茶、濃緑、濃紺、あずき
避けるべき色 赤系統、薄い青、薄い緑、薄い茶